白髪染に対する見解

植物マグマ関連品であるBIEヘアガード(下記写真の商品)の愛用者から、

「白髪だったのに、髪の毛が黒くなってきた。」

と感想を頂くことがあります。

 

heagard

 

 

「白髪を黒くしたい。」というニーズは私が思っていたより市場には存在するようで、

数々のメーカーがリリースしている白髪染めが、

これほど売れている理由をようやく理解できた気がします。

 

 

白髪を黒く染めるのは、大きく分けて下記の①か②があると思います。

 

①ヘアカラーで無理やり染める(即効性あり)

②毛根の状態を改善することにより染める(長期的に改善を目指す)

 

 

ちなみに冒頭で取り上げたBIEヘアガードで目指す領域は上記②です。

 

 

 

白髪染めには、1剤 (酸化染料、アルカリ剤) と、2剤 (酸化剤)があります。

1剤 (酸化染料、アルカリ剤) と、

2剤 (酸化剤)を混ぜ合わせることで化学反応を発生させ白髪を染めます。

 

 

1剤に含まれるアルカリ剤は、髪の毛のキューティクルを分解して開かせます。

(キューティクル→髪の毛の内部の水分が蒸発しないように、髪の毛の表面を保護する役割をしています。 

 これが髪の毛を覆っていると、髪の毛に染料が入らない。)

 

 

よってキューティクルを分解して1回開かせてから、染料を浸透しやすくします。

 

 

1剤に2剤の酸化剤が混ぜ合わさると、酵素が発生します。

酵素が髪に浸透すると、染料を落ち着かせて色を定着させる役割をしてくれます。

 

 

纏めると、 

①アルカリ剤でキューティクルを開き、

②酸化染料で色を入れ、

③酸化剤で定着させる、

というのが簡単な白髪染めのメカニズムです。

 

ただ上記薬剤類は、とても刺激が強いため、髪や地肌を傷めます。

(キューティクルを分解したり、色を髪に入れられるのですから、

 髪や地肌に優しいはずがありません。でもこれがまかり通っています。)

 

 

また、開いてしまったキューティクルは、元に戻るまでに時間がかかります。

(髪の内部の水分が蒸発してしまいます。

 だから白髪染めを使い続けていると、髪がパサつくようになってしまいます。)

 

 

上記の通り、ヘアカラーは確かに髪は黒くできます。

しかし長期的には脱毛を促進する可能性が大きく、

使用すればするほど頭皮を傷めるので、どう考えてもお勧めしません。

 

 

 

メディアによるイメージ操作により、下記のイメージが市場には溢れているかと思います。

「白髪→老けて見えるので毛染めが必要。」

 

 

 

個人的には、

白髪は別に恥ずべきことではないので、

そのままにしておいても問題ないかと思っています。

 

 

世界的音楽家の坂本龍一氏も白髪ですが、

30歳である私が見てもかっこいいので、

白髪は普通に隠さなくていいかと思います。

 

 

変に染めると実年齢と髪色のミスマッチが生じ、

不自然に見えるので、余計に気になります。

 

永田 創平

99%の人が365日かかさず実施できていること

 

添加物が危険というのは、このブログで散々書いてきました。

 

危険である理由の一つとして、

添加物は塵も積もれば山となる、から危険なのです。

 

勉強を365日・毎日することは容易ではありませんが、

(もしできたら常人が到達できないレベルに到達できる)

添加物摂取は99%の人が、365日摂取できているから危険だと考えます。

 

 

勿論、添加物が危険性を保持していることも理由としてあり、

 

今回は、様々な食品に使用されている○の素の成分である「グルタミン酸ナトリウム(下記・構造式)」の、 

危険性について着目します。

グルタミン酸ナトリウムの構造

 

 

(下記、Tokyo DD clinic  内海院長のコメントを引用)

 

グルタミン酸ナトリウムと聞くと私たちの年代では、○○の素を思い出いだします。

 

一時騒がれてグルタミン酸ナトリウムは危険だとの認識は広がっていたはずなのに、

いつの間にか隠れたところでたくさん使われてきているようです。

 

 

昭和30年代の話ですが、

なんと世界保健機関(WHO)の専門家委員会が出している報告書に、

グルタミン酸ナトリウム(化学調味料の主成分)の一日摂取許容量(ADI)が設定されていました。

 

 

特に生まれて二カ月までの乳児には与えてはいけないとなっていたのです。

 

 

しかしこれは○○の素にとっては致命的なものであり、

WHOの委員のうち企業の人間の必死の働きかけでWHOの報告書から消えたようです。

 

 

ワシントン大学のジコン・W・オルニ-博士は、

グルタミン酸ナトリウムを生まれて間もないネズミに飲ませると、

目の網膜に異常が起きるというルーカス博士たちの報告をもとに、その原因を究明する研究をしていました。

 

 

この研究中にグルタミン酸ナトリウムを与えられたネズミが異常になっていることに気がついたのです。

 

原因はグルタミン酸ナトリウムのために、

脳下垂体という成長や性成熟に関係する重要な脳の器官がやられていたためだったようです。

 

 

アメリカのラッセル・ブレイロック博士なども興奮毒であることを厳しく指摘しています。

 

これ以外にも肝臓や 卵巣、子宮や副腎にも異常が認められたようです。

 

 

この異常はマウスの他にもラット、ウサギ、ニワトリ、アカゲザルなどでも確かめられたとされています。

 

 

グルタミン酸ナトリウムは覚醒剤に非常に近い作用機序であり、

グルタミン酸は神経伝達物質の一つです。

 

 

グルタミン酸ナトリウムを摂ることによって、肥満が増えているのです。

 

 

グルタミン酸ナトリウムはレプチン抵抗性を高め、内臓脂肪増加の要因となり、

空腹感と脂肪蓄積の悪循環を招き、

心臓病や糖尿病、メタボリックシンドロームのリスクを高める作用があります。

 

 

そしてそのような危険な物質が、

だしの素、漬物、インスタントラーメン、かまぼこ、ソーセージ、ポテトチップス、

せんべいなどほとんどの加工食品・調味料に非常に広く、安易に使用されているのが現状です。

 

アミノ酸などと表記され多くのものに入っています。

(転用ここまで)

 

 

ちなみにグルタミン酸ナトリウムは様々な製法がありますが、

一つはグルタミン酸生成菌が作り出したグルタミン酸に、

水酸化ナトリウム(劇薬です。タンパク質を傷つけます。濃度が濃い水溶液を皮膚に垂らすとやけどに近い症状となります。

私は大学時代、この水溶液でやけどした苦い思い出があります。)を加えて、ナトリウム塩にすることにより、

目的のグルタミン酸ナトリウムを得ます。

 

 

製法だけ見ても「とりあえず目的物質が作れればいいや。消費者のことなんか知るか。」という感じです。

 

永田 創平