治らない人に見られる一定のパターン

植物マグマを使用されていても、

病気が再発される方にある一定のパターンがあります。

 

中山先生の書籍:「癌告知・生き方をガラッを変えて僕は生還した!」から一部引用します。

(下記は癌が再発する方のパターンを紹介したものです。)

 

 

 

生物ミネラル(植物マグマ)である程度、症状が改善しても、

結局再発してしまう人が多かった。

 

なぜ再発してしまうのか不思議だったが、そういう人たちの話を丁寧に聞くと、

ある一定のパターンがわかった。

 

生物ミネラル(植物マグマ)を飲もうとする人は、

癌になって藁をもすがる気持ちで飲みはじめる。

 

しかし、それである程度症状が改善されると、

医師がさらに強い抗ガン剤を投与するのだ。

 

抗ガン剤は多かれ少なかれ、体にダメージを与える。

 

だから体の弱った年配の方などには、

耐えられる範囲で弱めの抗ガン剤を与える。

 

このとき、それだけでは治らないだろうと考えた患者さんは、

一緒に生物ミネラル(植物マグマ)を摂取する。

 

生物ミネラル(植物マグマ)によって体が還元化されたことで免疫力が上がると、

その結果、癌が消褪していく。

 

ところが医者がそれを診て薬を増やしたり、

別のもっと強い薬を投与するのだ。

 

抗ガン剤は細胞にダメージを与え、免疫力も下げる。

 

生物ミネラル(植物マグマ)といえども万能薬ではない。

 

体を強力に酸化する薬や、免疫力を下げる薬を与えられると、

それらの薬に効果を奪われてしまう。

 

さらにもうひとつの要素が加わる。

 

 

本人がどんなに生物ミネラル(植物マグマ)を信じ、

それを飲んでいるから大丈夫だといっても、

家族などまわりの人たちにしてみれば、

聞いたこともない生物ミネラル(植物マグマ)より、

権威あるお医者さんの話を信じるものだ。

 

「なに言ってるのよ、お医者さんが飲めという薬を飲まないなんて駄目じゃない。」

もし周りにそのような人がいなくても、

現代医療にどっぷり浸かり、

毒性のある化学薬剤を使うことに何の罪悪感を持たない医師がこんなことを言う。

 

「そんな訳のわからないものは飲まないでください。」

 

こう言われて患者さんは仕方なく化学薬剤を飲まざるを得なくなる。

 

結果、途中までよくなった癌が再発してしまう。

 

影響力の強い誰かが「医者の言うことを聞いて薬を飲め」と言えば、

飲まざるを得ないのが現実だ。

 

 

植物マグマの継続摂取に関しては、

周りの方の植物マグマに対する理解が、

本人以上に大事であることが多々あります。

(周りの方の無知が、最大の障壁となるケースが多々見受けられます。)

 

永田