日焼けはそこまで悪くないと考えています。

日焼けについて。

 

日焼けはメラニン色素を生み出し、それが肌のシミの原因になる。

日焼け部分はリカバリー不能。

 

 

これが一般常識かと思いますが、

個人的には両方とも違うと考えています。

 

 

シミの元になると言われているメラニン色素は、

肌のターンオーバーにより外に押し出され、

やがて古くなった角質と供に剥がれ落ちます。

(そうでないと幼少期から大人になるにつれ、黒さが蓄積しまうことになります(笑)。)

 

 

なので肌のターンオーバーが正常であれば、

やがて元に戻るので、そこまで心配する必要はないと考えます。

(勿論、度が過ぎる日焼けは別ですが。)

 

 

日焼け箇所には、植物マグマ水溶液(できれば15%)を塗布するのを勧めております。

(併せてタブレットや原末など飲むタイプを併用できれば更に良いかと思います。)

 

 

ざっくり簡単に述べますが、

肌に紫外線が当たると細胞が傷つきます。

(化学的には、細胞が酸化されます。細胞がサビついてしまうようなイメージです。)

 

植物マグマが持つミネラルには肌のリカバリーを担う酵素の働きを助ける働きがあります。

また植物マグマは、水素水などで話題の還元力を持ちます。

(還元力とは”酸化された部分を元に戻す力のこと”です。)

 

お試しいただければ幸いです。

 

永田 創平