植物マグマとお酒の関係

植物マグマの開発者・中山先生が、

自身のブログにて植物マグマとお酒の関係について書かれていました。

 

下記はその抜粋です。

ご参考までに。

 

植物マグマを摂取すると自然界の元素バランスが、

徐々に備わり、免役力が確保されるので、飲酒に対する自動ブレーキが甦り、

気分が悪くなったり、嘔吐したりして、ある一定以上は飲めなくなります。

1升、2升、平気で飲む人が植物マグマを飲み始めると、

俺は酒が弱くなったという人を何人もみてきました。

元来、人間はアルコールをガブガブと沢山飲めること事態がおかしいと思います。

ところが、アルコールが飲めない人でも植物マグマはアルコール分解能力が高いので、

血中アルコールの濃度が高くならないように調整しながら、

飲めば結構お酒を楽しむことができますし、宴席が苦手にならなくなります。

以前、植物マグマを摂取した場合と

しない場合の呼気中と血中のアルコール濃度を測定し、

アルコールの分解能を調べたことがありました。

今、そのデータがわからなくなってしまいましたが、

明らかに差が出ていましたので、再度、こうした実験をしたいと考えます。

永田

BIE原末につきまして

BIE原末(下記商品)の使い方について、

質問を受けることがあるので載せておきます。

DSC_24101

 

まず特徴として、植物マグマの純度は100%です。(だから値が張るのですが….)

 

また粉末の細かさとして、

800 メッシュというかなり細かい目の網でふるいにかけているので、

相当細かい微粉末状になっています(下記写真をご参考。色はほぼ黒色です。)。

powder zoom1

 

 

健康の維持・増進には1~2g/日を、

白湯や水、その他の飲料と共にお召し上がりください。

 

健康に不安のある方、各種症状のある方は5g/日程度、

重症の方は10~30g/日の摂取をされています。

 

これまで、重度の病気の方が

このBIE 原末の大量摂取で驚くべき体感をされています。

 

 

私の個人的な使い方としては、

絶対に体調を崩したくない時期などは、この原末を摂取するようにしています。

(スプーン人匙程度を口に含んで、水と一緒に飲む。一日に1~2回。)

 

参考情報ですが、

マグマンE(下記商品)の植物マグマ純度は60%程度となっています。

for category tablet

 

永田 創平

 

ペットの健康を守れるのは飼い主だけ

こんな記事が出るくらいなので、

やはりペットの健康で悩んでいる方は多いようです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

 

植物マグマをペット向けに使用されている方もいらっしゃいます。

 

植物マグマ水溶液を水やペットフードに入れたり、

中にはマグマンEをそのまま食べるペットもいるようです。

for petfood

 

マグマンEは私の個人的な感想だと、

味はおいしくとは言えないので(笑)、水と一緒に飲み込んでますが、

やはり野生は体に必要なモノは見分けるのでしょうか。
ペットに使用して頂いた方からは、

「衰弱していたペットが元気になった。」

「毛並みがよくなった。」と報告が寄せられています。

 
ペットフードは人間向けの食品以上に、添加物たっぷりです。

 

ペットは人間以上に過酷な状況に追い込まれている、と考えてます。
 
ペットは人間より野性的で、免疫力が高いと思ってますが、

それでも病気になるのは、食べ物が原因、

つまりペットフードが根源であると考えています。
自分でペットのご飯を作る人もいます。

(そういう書籍も販売されています。)

 

ただ毎日は難しいと思いますので、

その場合、植物マグマを利用して、

添加物の害を最小限にしてもらえれば、と思ってます。

 

永田 創平

白湯の有効性 ~還元力から見た考察~

いろいろと食品の酸化度・還元力を調べていてわかったのですが、

白湯は自分が考えていたより、

理にかなった飲み物だと感じました。

 

理由は下記の4点。

・市販のミネラルウォーターより還元力が高い。

・体を冷やさない。

・余計なもの(糖分や添加物など)が含まれていない。

・金がかからない。

 

白湯の還元力については下記の通りです。

(赤い丸印の部分を参照)

%e7%99%bd%e6%b9%af2

 

植物マグマに比べれば、還元力は劣りますが、

その魅力的な低コストと、断食などのデトックスの時には、

かなり使える、と思いました。

 

 

電話でのご注文

いつも当院をご利用頂き、ありがとうございます。

 

商品のご注文に関して、

当サイトからの申し込み、メールでの申し込みの他に、

電話でのご注文も承っております。

 

電話でのご注文は090-8383-5103(担当:永田)までお願いします。

その際に商品名、数量、お届け先、連絡先番号を確認させて頂きますので、

ご準備のほど宜しくお願いします。

(尚、決済方法は代金引換となります。)

 

永田

切り傷に対する植物マグマの有効性に関して

植物マグマ・開発者である中山先生のブログの記事から、

興味深い記事(切り傷に対する植物マグマの有効性に関して)がありましたので、

ここでもご紹介しておきます。

(中山先生のブログはこちらから閲覧できます。)

 

下記、記事の引用です。

植物マグマ液の切り傷や火傷などについては、
これまで多くの方から、
5~15%液をつけると直ぐに良くなるとの実践結果をいただいております。
更に、動物実験によっても、
その効果を鳥取大学農学部獣医学科・腫瘍学教室(岡本芳晴教授)で検証しております。
マウスの血管を2ヶ所切り、ガーゼに1つは生理食塩水、
もう一つは15%植物マグマ液を浸み込ませ、切り口に貼り付けます。
30秒毎にガーゼを交換し、
止血までにどの位の時間を要するのかで、その効果の比較をしました。
写真でみるように、植物マグマ液の止血は極めてスピーディーに実践されているのがわかると思います。
この実験を20回程度行い、止血効果を検証しました。
 
止血実験の様子
img_2_m
止血に要した時間の比較
(植物マグマ(写真ではミネラルと表示)と生理食塩水(写真では生食と表示)
img_3_m
切り傷直後の写真(植物マグマ5%液をつける前)
img_4_m
植物マグマ5%液をつけた2分後
img_5_m
植物マグマ5%液をつけて3分後
img_6_m

 

単一ではなくトータルで考える

植物マグマの役割とは何か、を最近自分なりによく考えます。

 

人間の体に必要なミネラルを、

ベストバランスで補給できる、というのが其の役割だと考えます。

 

並行して、どこまで植物マグマで人間の体をうまく動かせられるか、

を考えた時に下記のように考えています。

 

植物マグマには各種ミネラルが含まれている為、

“ミネラルという分野”は、植物マグマでカバーできる可能性がある。

 

 

“ミネラルという分野”という表現を使ったのは、

人間の体をうまく動かすためには、アミノ酸、ビタミンなども必要になってくるからです。

 

 

ここで重要な考えを2つ挙げます。

①人間の体を健康な状態に保つためには、アミノ酸、ミネラル、ビタミンがそれぞれ必要。

②アミノ酸、ミネラル、ビタミンは互いに影響を及ぼしており、

 どれかが足りないと、どれかがうまく機能しにくくなる。(結果、体の不調に繋がる。)

 

11252682_837535216330233_5147644589340910990_n

 

 

また上記を述べたのは、

いつも単一の物質ばかりがメディアに注目されて、

世間が振り回されているような気がします。

 

 

たとえばカルシウムがTVで取り上げられると、カルシウムだけが注目され、

鉄分が重要だとNEWSで言われると、鉄分ばかりがクローズアップされる。

最近流行のミネラルの一つである、”ケイ素”も正直そんな気がしています。

 

 

上記単一の栄養素が取ることが悪だとは思わないのですが、

重要なのは”単一の物質ではなく、全てをバランスよく取ること

これが絶対的に重要であると強く思います。

(下記写真のようにミネラルの一つ、鉄分だけでも下記のような複数のミネラルが関係しています。

 単一の物質だけを取る事では、人間の体をコントロールするのが難しいことを如実に表した例だと思います。)

20150330_212906

 

 

ミネラル全体の関係図を表すとこんな感じです。

人間の体がどれだけ複雑系なのか、よくわかる図かと思います。

ここにビタミンとアミノ酸が更に絡んでくるので、全体で考えると、

より複雑さは増します。

20150330_212858

 

結論を述べますと、

ミネラル不足は植物マグマで十分カバーできる可能性があるが、

人間の体は超複雑系でできており、更にうまく機能させるには、

やはり各種ビタミン&アミノ酸の摂取が不可欠。

 

というのを最近よく考えてます。

 

永田

 

 

 

酸化力調査 ~ミネラルウォーター、還元水など~

今回はタイトルの通り、

様々な水について、其の酸化力・還元力について調査してみました。

 

ミネラルウォーター、還元水、湧き水など、

イメージだけが先行していますが、

実際に酸化・還元というものさしで調べてみたらどうなのか、と。

 

結果はこちら。

(”長生き食品、早死に食品 (中山栄基 著)”からの引用)

06gurafu

 

ミネラルウォーターは意外と酸化力の高い水で、

煮沸した水道水より酸化力が高い飲み物という結果でした。

(おそらく製造されてから時間が経ち、その間に酸化されてしまったものだと推測。)

 

還元水は名前の通り、他の水より高い還元力を示しました。

(ただ空気に触れると、直ぐに酸化してしまい元に戻るので、

 作りたてを直ぐに摂取しないと無意味になります。)

 

湧き水は流石に水道水よりは還元力の高い水でしたが、

イメージよりは高い還元力を示す結果とはなりませんでした。

 

 

イメージだけで判断すると、やはりいいことありませんね。

今回の調査は自分にとっても良い勉強となりました。

 

永田

 

売れ筋商品の紹介 ~G-dewクリーム~

今回はリピーターが多い商品である、

G-dewクリームの中身を少し御紹介します。

DSC_2431

 

上記写真は外観写真です。

 

こんなパッケージに入ってます。

20150607_220705

 

内容量はたっぷり50gです。

 

しっとりしたクリームで、

色は乳白色です。

20150607_220907

 

 

特徴の一つとして、その自然な香りがあり、

これが人気を呼ぶ要因の一つとなっています。

(粗末な化粧品でよく見られる(強い香料が使われている)ような、鼻にツンとくるような香りはしません。)

 

 

永田