健康を保つにはトレードオフの問題があります。

すぐ風邪を引かない体づくりの為、

加工食品を取りがちなので添加物の毒消しの為、

病気改善の為、その他体質改善の為。

 

上記のように、何かをなし遂げたい方が、

植物マグマ関連製品を摂取されています。

 

 
ただある程度の割合で、

途中で摂取をやめる方がいらっしゃいます。

 

 
私の意見としては、摂取をやめてもいいと思います。

 
ただ、それには自身のライフスタイルが改善されていること、

これが必要不可欠になります。

(理由は後述します。)

 

 

具体的な改善例としては、

・加工食品を取る機会が激減した

・運動を定期的にするようになった

・早寝早起きするようになった

など。

 
風邪、老化促進、認知症、慢性病(糖尿病など)、

ガン、アトピーなど、

これら慢性病はすべて自身のライフスタイルが招いたもので、

いわば人災です。

 

自身が続けてきた間違ったライフスタイルの結果、

体を痛めつけ、病気という人災が生じたわけです。

 

 
ライフスタイルが変化していない限り、

それが病気を招くのですから、

再発しないよう(あるいは体質改善するよう)助けていた植物マグマの摂取をやめたら、

病気がぶり返すのは(あるいは体質が元に戻るのは)、

至極当然の事です。

 

植物マグマは元々、

病気の元凶である添加物(化学物質)を現代人が全く摂取しないのは不可能だから、

なんとか其の毒を消したい、という目的のもと、

開発された商品です。

 
つまり「現代人のライフスタイルを変えるのは、

かなり困難であるから、

その代替手段として植物マグマを摂って健康を保とう。」というわけです。

 

2つに一つ。

 

自身が変わるか、

植物マグマを利用して改善するか、です。

 

永田 創平