お酒が体に与える影響と其の対策

酒は百薬の長とも言われ、

確かにほろ良い気分でストレス解消になる部分はあると思います。

 

 ただ基本的に体を酸化させる要素を含んだものであり、

人体に入ると、多かれ少なかれ、

体には負担をかけることになります。

 

酒が持つ体への影響を纏めると、

・肝臓に負担

・老化を促進(細胞を酸化させるから)

・アルコールの分解過程でミネラル、ビタミンを消費する。

 

 ビタミン、ミネラルは人体の様々な部分で、必要となる物質です。

 アルコール摂取量が増えれば増えるほど、これらが消費される為、

美肌など健康維持には悪影響が出る可能性があります。

 

 
美肌を目指す方でお酒が好きな方は、

対抗策をもって対応することは必須であると考えます。

 

 
植物マグマであれば、

酸化を軽減し、良質なミネラルを補給できるので、

対抗策となり得ます。

 

 

 

お酒好きの方は、

何かしら自分で改善案をもっておく事を、

お勧めいたします。

 

 

永田