イラストで解説! 植物マグマ水溶液の使い方

植物マグマ水溶液は、多彩な使い方が可能です。

ハイパワーマグマン

このページではイラストを交えて、
その使い方を紹介しています。



お勧めの使用方法は大きく分けて、下記の3通りです。
(下記の①~③をクリックすると、それぞれの紹介箇所に移動できます。)

①痛みに(肩こり、腰痛、筋肉痛など)
②食品に(飲み物、食べ物、ペットフードなど)
③日用品に(化粧品など)



植物マグマ 治療向けの使用方法

肩こり、腰痛、筋肉痛に
(濃度15%をお勧めします。)


肩こり、筋肉痛、火傷にハイパワーマグマン
< 痛みの軽減 >

肌に水溶液を塗布した後、クリームのように肌に擦り付けて、

何度も塗りこんでください。





日焼け、虫刺されに 
(濃度15%をお勧めします。)

虫さされにハイパワーマグマン
< 炎症を鎮める >


日焼けに対しては、日焼けした箇所に塗布して、すりこんでください。
 
またハチやアブなど、強い炎症作用を持つ虫に刺されてしまった時、

植物マグマを添加して塗りこんでください。



食品向けの利用方法

お弁当・外食に
(濃度5%、15%両方どちらでもOKです。)


お弁当の添加物
< 添加物の毒消しに > 

買ってきたお弁当やお惣菜、

レストランやファーストフードでの外食、スナック菓子などには、

多くの添加物を含有されています。

これらに適量添加して、添加物の毒消しをします。




ペットフードに

(濃度5%、15%両方どちらでもOKです。)


ペットフードにハイパワーマグマン
<ペットの健康改善(添加物の毒消し)>

ペットフードにはいろいろな添加物が含有されており、
 
ペットの体にダメージを与えてしまいます。

ペットの健康を保つため、ペットフードや水に植物マグマ水溶液を添加します。
(添加する量はお好みでOKです。)




魚や肉などに
(濃度5%、15%両方どちらでもOKです。)


魚や肉にハイパワーマグマン


< 生臭さを軽減、腐りにくくする >

魚の生臭さを軽減し、味をまろやかにする効果があります。

また植物マグマのもつ還元力により、酸化された部分を元に戻し、

食材を腐りにくくします。



飲み物に
(濃度5%、15%両方どちらでもOKです。)


飲み物にハイパワーマグマン
< 家族の健康を保つために >

ミネラルウォーター、ジュースなどに数滴入れて飲みます。

お茶、コーヒーなどにもどうぞ。 

添加物の毒消しと、ミネラル補給に。




野菜や果物に
(濃度5%、15%両方どちらでもOKです。)


野菜にハイパワーマグマン
< 農薬落としに >

植物マグマ水溶液(5%溶液)を50倍に薄めたミネラル水を作ります。

そのミネラル水に切った野菜を10分間以上漬けます。

野菜をゆでる際、お鍋に入れるのもお勧めです。





ご飯を炊く時に
(濃度5%、15%両方どちらでもOKです。)

ご飯を炊くときにハイパワーマグマン
< 家族の健康を保つため >

 2~3合のお米なら植物マグマ水溶液5%を小さじ1杯弱、

 お米を研いでいつもの水加減をした後加えます。
 
 おかゆや炊き込みご飯にも入れるのもお勧めです。




ドレッシングやタレに
(濃度5%、15%両方どちらでもOKです。)

ドレッシングにハイパワーマグマン
< 添加物の毒消しに >

 
市販のドレッシングは想像以上に添加物が含有されています。

自分と家族の健康を守るため、植物マグマを添加するのをお勧めします。

添加する量はお好みの量を添加頂ければと思いますが、

目安として1瓶につき10~15滴ほど入れることをお勧めします。 



日用品としての利用

化粧水としての利用
(濃度5%をお勧めします。) 

ハイパワーマグマン 化粧水として利用

< 肌へのミネラル補給と保護 >

化粧水として利用もしくは、

化粧水の前のプレ化粧水としてシュッとスプレーしてください。

髭そり後のお肌にもおすすめです




日焼け後の肌のリカバリー剤としての利用
(濃度5%、15%どちらでもOKです。)


日焼けの肌

< 肌へのミネラル補給 >


日焼け後の肌に塗布し、擦り込んでください。





口内炎への利用
(濃度5%、15%どちらでもOKです。)




< 口内炎の治癒 >

口内炎の箇所に何滴か塗布することを繰り返してください。
(できれば2~3滴を一日に5回くらい)



のどの痛みへ
(濃度5%、15%どちらでもOKです。)



< のどの痛みの緩和 >

植物マグマ水溶液を口に入れて、のどのあたりを中心にうがいします。

できれば一日に5回程度、うがいをするのが望ましいです。





加湿器、ミスト発生器に
(濃度5%をお勧めします。)


加湿器に利用
< 加湿器の水の殺菌 >

加湿器やミスト発生器に適量を添加してください。

植物マグマが持つ殺菌作用により、加湿器の水の殺菌効果があり、

良質な加湿状態が得られます。