植物マグマとは…

萌木療術院で販売しております、
植物マグマ(ミネラル健康食品)のご紹介をさせて頂きます。


①植物マグマとは….

野草(クズ、イタドリ、ヨモギ、ドクダミ)、
樹木葉(マツ、スギ、ヒノキ、イチョウ)、
海藻(コンブ、ワカメ、ヒジキ、アラメ、ホンダワラ)を焼いて灰にし、

さらに高温で加熱処理(約2,000℃)して、
酸素を取り除きマグマ化させたもの(下記写真をご参照)です。


マグマ処理

高い還元力を持ち、生物本来の生命力を引き出します。

これをタブレットや水溶液などの形にして、
食べやすくしたのが、
植物マグマ関連商品です。

<タブレットタイプの「マグマンE」>
商品イメージ1

<水溶液タイプのBIE水溶液>


②植物マグマが他社製ミネラル関連品と違う点

添加物を使用しておりません。
(一般的に市販されていミネラル関連のサプリメントには、
 添加物が使用されております。
 タブレットの場合は、増量剤、結着剤、保存料、
 着色料などが使用されております)

化学的に合成されたミネラルは使用しておりません。
(自然の材料を用いております。)

実績があります。
別ページをご参照ください。)

ミネラルを人体に理想的なバランスで摂取できます。
(下記説明をご参照ください。)

③植物マグマのパワー

・ミネラルバランスが人体の体液ときわめて近い
 
 下記の図の通り、植物マグマ(野生植物ミネラル マグマン)と
 人体の体液(体内水分)は、
バランスが似ていることがわかります。

人体にすんなり許容され、私たちの体にはたらきかけてくれます。




 

マグマンが持つ高い還元力(下記図参照)により、
化学物質による人体の酸化(細胞の損傷。結果として免疫力の低下)の
防止効果が期待できます。





*さらに詳細をお知りになりたいお客様はこちらから問い合わせできます。
 (気軽にご相談ください。)


③開発ストーリー

すべての化学物質は人体にとって有害であり、
ガンやぜんそく、アトピーなど様々な現代病の原因となり、
認知症や老化を促進しています。

しかしそうとわかっていても、私たちの身の回りにある食品、
化粧品などには、
化学物質が使用されており、
もはや誰も化学物質を排除することはできません。

酸化→体をサビつかせて健康を損なう
還元→体のサビを取り健康を回復する


だとしたら、
酸化された体を還元してやればいいのではないか、
ここから生物マグマの開発はスタートしました。



④植物ミネラル開発者の紹介

中山 栄基 (なかやま えいき)



<経歴>
上智大学・理工学部化学科卒業。

日本バイオアッセイ研究センター勤務の後、
上智大学理工学部応用化学大学院講師、篠原学園理事などを歴任。

東京女子医大公衆衛生化学教室、慶応大学医学部新薬化学研究所、
北里大学医療衛生学部などで研究に従事。

長年の毒性研究から化学物質の猛威に気づき、還元物質の影響によって、
野生の植物から「植物マグマ」を開発。

その還元力は、医療や食の安全を求める現場で、
目覚ましい成果をを上げている。

<著書>
・「職業病、その実態と対策」
・「長生き食品 早死に食品―毎日の食べ物であなたの寿命がきまる」
・「癌告知。生き方をガラッと変えて僕は生還した!」
・「野生の還元力で体のサビを取る」
・「自分の体は自分で治せる―野生の還元力 生物ミネラルが体を元に戻す」



*植物マグマに関するお問い合わせはこちらからできます。